素材の御話・・・その1

素材の御話。

「Black Shipsの商品は高い…」というお声を良く聞きます。

もちろん、作り手の我々もその高さを実は認識しております。

創りながら「あ~コレまた3万円くらいにはなりそうだなぁ~」なんていう話は現場でしょっちゅうの事。

実はこれでも縫製工場さん、幡屋さん、付属屋さん、辿れば糸屋さんまで巻き込んで、この価格でもギリギリまで抑えて制作をさせて頂いているんです。

そこには

「出来るだけ良いモノを」
「綺麗な縫製を」
「使いこんで頂いて風合いの出るモノを」

という、デザイナー安井が大声を張って、込める想いがあります。

例えば、Tシャツ。

弊社で使われる素材は「全世界で取れるコットンの10万分の1」しか採取できない「海島綿」を使用しています。

「海島綿」の特徴は圧倒的に長く細い繊維質にあります。
繊維質は長ければ長いほど、細ければ細いほど、しなやかな風合いと強度を生み出します。

その長くて細い繊維の事を呼んで字のごとく「超長綿」と呼ぶのですが、その「超長綿」の中でもブッチギリで長く細い綿が「海島綿」。

カシミヤのような肌触りと絹の様な光沢。
どんな綿よりもふっくらと柔らかく、抜群の吸湿性を誇る素材。

その海島綿を使用しているプロダクトには協会から証明されたこのタグが付属します。


このタグが付いて初めて、これぞ正規品、これぞまがうことのない「海島綿(Sea Island Cotton)」なのです。

もちろんここに行きつくまでに大変な苦労がありました。

こんな貴重な糸、おいそれと手に入りませんから。

また、この御話もおいおい出来れば、と思います。

Black Ships シーアイランドコットン Tシャツ(オリーブ)

是非、珠玉のごとき「海島綿(Sea Island Cotton)」を体感して頂けますと幸いです。