FACo 2015公式ルック&解説・・・その3

前回に引き続き、FACo 2015の解説をお話します。

Black Ships クラッシュ加工 スワロフスキー デニムシャツ

Black Ships ストレッチデニム ホットパンツ

デザイナーとして最初に書いたラフだったのですが、実は一番ギリギリになったのがこのコーディネート。
ホットパンツのホワイトデニムの生地はもちろんのこと、デニムシャツは特に難産でした。

問題になったのはこのボタン。

実はこれスワロフスキーボタンなのですが、希望の色は手に入らないわ、付けるための特殊なパーツは手に入らないわ、で工場さんに何度ご迷惑をおかけしたことか…

それゆえ、出来あがった時の感激はひとしおでございました。

もちろんクラッシュも丁寧に職人さんが手作業ですべてやってくれています。
(この手作業が本当に時間かかるんですよ…)

モニターの色目からもある程度わかるかと思いますが、実物は写真以上に良い雰囲気を醸し出していると保証できる出来栄えです。
この時期、レイヤーをして羽織ってもらっても良いかもしれませんね。

ホットパンツに関しては、ストレッチが効いて尚且つ絶妙な切りっぱなし感を追求してみました。

せっかくなら女性の足を長く、素敵に魅せられるようにしたいよね、ということで何度もトライ&エラーを繰り返して、この長さに。

ネーム関係はデニムと同様なので、細部にわたって魅力的なモノになったのではないでしょうか。

今年の夏はこれを履いて、リゾートに遊びに出かけてほしいですね。